歯科で歯に被せる

歯科で使う詰め物とは

トップ

歯科の詰め物の情報

新着情報

歯科におけるアンレーとは

歯科において、歯の修復に用いる方法でアンレーというものがあります。これは、比較的軽い虫歯のうち、歯のかみ合わせ部分や舌に面している部分の全面を金属で覆う修復方法です。一般的には金銀パラジウム合金を使用します。虫歯の程度の軽いものは、充填といってセメントを詰める方法もありますが、歯のかみ合わせ部分は、詰め物だと取れやすいため、丈夫なアンレーという方法をとる場合があるのです。ちなみに、歯科で行われるものでインレーというものもあります。こちらは、虫歯でできた穴の内部をなおすための金属鋳造物です。イメージ的には金属製のはめ込み物という修復方法です。

不動産担保ローンを賢く利用で計画的に。
ご利用は計画的に。いくつものローンを一本化したい。不動産を担保になど様々なご相談も応じているので参考にどうぞ。

インレー

アンレーとはどのようなものか

アンレーは虫歯が進行してしまい、削らなければならない部分が多くなった歯を歯科で削り、歯の4面を覆って修復させるための詰め物のことをいいます。インレーも同様で歯に詰める詰め物のことを指すのですが、インレーの場合は虫歯を削った後の穴である窩洞に詰め込む物のことをいいます。それに比べてアンレーは歯冠の大部分を被覆するため、ほぼ全部被覆冠に近いのです。保険の適用ができる場合は金属が12%金銀パラジウム合金の物を使用されます。歯科で使われるほぼ同様の二つの詰め物ですが、アンレーはインレーに比べて強度を必要とする点が特徴です。

金などの相場情報を随時更新中の便利サイトです。
換金性が高くすぐに通貨と交換ができ、国際的があるものだからこそ、資産として安心して持つ事ができます。