インプラントの耐久性

インプラントの耐久性って

トップ / インプラントの耐久性って

歯科の詰め物の情報

インプラント治療で不安なこと

インプラント治療で不安に思うのは耐久性に優れているかという点です。半永久的に持つと言われていますが、素材によっても違いがあり、半年に1回程度のメンテナンスで噛み合わせの確認を行う必要があります。治療は、普通の虫歯の治療などと比べると高度な技術を必要とし、経験の浅い医師が行うと、骨への埋め込みが十分でなかったり、安定性を欠いて違和感があったりという事が考えられます。これまでにどのくらいのインプラント治療の症例をこなしているかを公開している所もありますので、ホームページなどで確認する事も大切です。

インプラント治療の特徴

最近インプラント治療を行う人が増えています。それは、多くのメリットがあるからです。その治療方法は、人工の歯根を骨に埋め込みその上に自分の歯と見た目が変わらない外観の人工の歯をかぶせる仕組みになっています。その為、外観的にも見た目は自然で噛み合わせも自然で違和感がほとんどありません。インプラント治療は、健康な歯を傷つける事無く治療出来ますし、見た目だけではなく噛む力も自分の歯と同様に噛む事が出来ますので食べる時にストレスなく食べ物を食べる事が出来ます。また手間の掛かる手入れの必要がありません。