歯科での治療費とは

保険の効く歯科治療とは

トップ / 保険の効く歯科治療とは

歯科の詰め物の情報

医療費控除の対象となる歯科治療

歯科での診療について、インプラントや美容目的の自由診療は医療費控除の対象となりませんが、虫歯や歯周病の治療は対象となります。歯列矯正も美容目的ではなく噛み合わせの向上が目的であり、医師の診断書があれば対象となります。また、通院のための交通費も控除の対象です。1月から12月までにかかった治療費と交通費が10万円以上であれば控除を受けることができますので、領収書は大切に保管しておきましょう。交通費については領収書が無くても日付と乗車区間、金額のメモがあれば認められます。5年前までさかのぼって申告できますので、是非歯科医療費控除の申告を行いましょう。

インレー

医療費控除が受けられる歯の治療

医療費控除は、1年の間に本人や被扶養者が支払った医療費が10万円を超えた場合に、確定申告をすることで所得税の還付が受けられる制度です。この制度は、美容目的などの一部の歯科治療については対象外となりますが、一般的な治療目的であればほとんどが対象に含まれます。具体的には、インプラント、入れ歯、矯正などのほか、骨造成・骨移植などの保険外治療や通院に要した電車・バスの交通費などが対象となります。医療費控除が認められるためには、確定申告の際に領収書や明細書などを添付することが必要ですので、歯科で治療した場合には必ず領収書を受け取るようにしましょう。