矯正歯科での治療期間

矯正歯科で綺麗な口元

トップ / 矯正歯科で綺麗な口元

歯科の詰め物の情報

矯正歯科で大人が治療する場合

矯正歯科では歯並びを良くするための矯正治療が行われます。小学生くらいの子供が治療をするケースが多いのですが、最近では透明な装置が出たり、歯の裏側に装置をつけるなどで目立たなくなっているため、働いている大人でも行いやすくなっているのです。子供の場合、顎の成長に合わせて広げることができますが、大人は顎の大きさが決まっています。そのため歯を抜いてスペースを作ったりしなければならないのです。期間は大体2年から4年ほどで、歯並びによって異なってきます。矯正歯科できれいな歯並びが手に入ります。

予防歯科が重要になります

普段健康なときには、あまり身体のことを考えないのと同じように歯が痛くならないと歯科に行かない人はかなりいます。しかし、それでは歯の状態が悪く進行してからの治療になります。出来れば、痛みや腫れなどが起こる前に歯科で定期的に検診をすることが望ましいです。検診で、発見される不調ならまだ自覚症状がないのでとても軽くすみます。治療の時間や費用も短縮でき、歯への負担も少なくなります。最近は、治療よりも予防に力を入れているところが増加しています。自分でも、歯に対して意識を持つことで今以上にいい状態を維持できます。